1. ホーム
  2. オンライン英会話
  3. ≫【徹底比較】イングリッシュベルとネイティブキャンプどっちがおすすめ?

【徹底比較】イングリッシュベルとネイティブキャンプどっちがおすすめ?

イングリッシュベルとネイティブキャンプ。どちらもカランメソッドが受けられることで有名なオンライン英会話ですね。

カランメソッドを学べるオンライン英会話として2つまでは絞ったけど、どちらがいいか決められないという人も多いのではないでしょうか。

当サイトの結論としては、ただカランメソッドに興味がある人はDMEメソッドが受けられるイングリッシュベルを選んでおけば間違いありません。カランメソッド以外のレッスンも受けたい人いう人はネイティブキャンプも選択肢に入ってきます。

ここからは、2つのオンライン英会話を様々な角度から徹底比較していきます。どちらにしようか迷っている人は是非参考にしてみてください。

徹底比較した当サイトの結論を最初に

いきなりですが、イングリッシュベルとネイティブキャンプを徹底比較した当サイトの結論から発表したいと思います。

進化した現代版カランを受けたいならイングリッシュベル

一般的なカランメソッドの欠点を補強したDMEメソッドが受けられるのが特徴のイングリッシュベル。

ネイティブキャンプと比較すると、少しお値段は高めとなりますが、カランメソッドのいいところを残しつつ文法レッスンを取り入れ、無駄に長い英文を削った最新の学習メソッドで英会話を身につけることができます。

初心者の人やカランメソッドに挫折した経験のある人は、ぜひイングリッシュベルを試してみてくださいね。

 

カランだけでなく通常レッスンも受けたいならネイティブキャンプ

ネイティブキャンプの特徴は何と言っても月額定額料金でレッスンを受け放題であること。

週2回決まった時間にカランメソッドを受けて、それ以外に余裕があるときは予約なしの通常レッスンを受けるという受講の仕方をすることもできます。

カランメソッドだけでなく、通常レッスンも受けたいという人にとっては非常にコスパが良いのがネイティブキャンプです。

 

それでは詳細にイングリッシュベルとネイティブキャンプを比較していきます。

イングリッシュベルとネイティブキャンプのスクール情報

 イングリッシュベルネイティブキャンプ
運営会社名Access e-talk plus Inc,(フィリピン)
ふた鶴合資会社(日本代理店)
株式会社ネイティブキャンプ
設立日2008年9月2015年9月
住所静岡県熱海市渚街 1-2 ふたつるビル2F(ふた鶴合資会社)東京都渋谷区神南1-9-2 大畠ビル
資本金非公開10百万円
日本語サポートメールで対応可メールで対応可 
会員数非公開非公開
公式サイトhttps://english-bell.com/https://nativecamp.net

イングリッシュベルはフィリピンを本拠地とするオンライン英会話スクールです。。

ネイティブキャンプは予約なしでレッスン受け放題という革新的な制度が注目を浴びているオンライン英会話スクールです。

講師を比較

 イングリッシュベルネイティブキャンプ
講師数100人以上2,600人以上
講師国籍フィリピンフィリピン人が中心
講師採用率非公開非公開
日本語対応の講師不在在籍している
オフィス勤務オフィスコールセンター勤務
担任制の有無無し無し
講師の特徴英語教師経験者と親しみやすい人柄の講師を採用フィリピンの若い大学生が中心。一部イギリスのネイティブスピーカーも在籍。

講師数は圧倒的にネイティブキャンプ

講師の数を比較すると、イングリッシュベルは100人以上ネイティブキャンプは2,600人以上と圧倒的にネイティブキャンプの方が多くなっています。

ネイティブキャンプは、無制限受け放題のレッスン体系をとっているので、講師数を多くしなければならないという背景があります。

どちらもフィリピン講師中心だがネイティブキャンプは欧州やネイティブ講師も

講師の国籍を見てみると、イングリッシュベルは全員がフィリピン人講師となっています。

一方、ネイティブキャンプはフィリピン人講師が中心ではあるものの、セルビアなどフィリピン人以外の講師を積極的に採用しています

また、ネイティブキャンプには一部イギリス系のネイティブの講師も在籍していますので、ネイティブにこだわりたい人はネイティブキャンプを選ぶようにしましょう。

講師の質・熱意が高いのはイングリッシュベル

イングリッシュベルは、講師の採用条件として以下2点を挙げています。

・フィリピンの有名大学出身者で英語教師経験者
・親しみやすい人柄

英語を教えた経験があり、人格的にも話しやすい講師を揃えているのがイングリッシュベルの特徴です。

一方ネイティブキャンプはどちらかといえば大学生を中心とした講師構成になっています。

評判や口コミなどをみると、多くの人が、イングリッシュベルは講師の質が高いと言っています。

講師の数は少ないですが、熱意を感じる講師が多いので、講師の質を重視したいという人はイングリッシュベルの方が良いです。

  • 講師の数、講師の国籍数はネイティブキャンプの方が多い
  • 講師の質が高いのはイングリッシュベル

イングリッシュベルの無料体験はこちら

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

レッスンを比較

 イングリッシュベルネイティブキャンプ
レッスン可能時間帯24時間24時間
予約可能時間レッスン開始15分前まで予約不要
予約キャンセル時間レッスン開始6時間前まで レッスン開始60分前まで
1レッスン時間25分25分(1日何回でも受け放題)
レッスン形態マンツーマンマンツーマン
カリキュラム初めての英会話、日常英会話、発音、TOEIC、ビジネス英会話、CNN、カランメソッド、フリートーク、DMEメソッドなど全16種類初心者コース、Side by Sideコース、カランコースビジネスカランコースカランキッズコース、日常英会話(初級〜上級)コース、キッズコース、ビジネスコース、TOEIC対策コース、発音コース 
使用ソフトSkype(スカイプ)独自のWEBシステム
ビデオレッスン対応可対応可
受講対応デバイスパソコン、スマホ、タブレットパソコン、スマホ、タブレット

どちらもカランメソッドが受けられる

カリキュラムを比較すると、どちらもカランメソッドが受けられるという共通点があります。

カランメソッドが受けられるスクールは限られているので、カランメソッドに興味がある人はどちらを選んでも良いでしょう。

そもそもカランメソッドって何?という人は以下の記事を読んでみてください。

カランの進化版DMEメソッドはイングリッシュベル

イングリッシュベルの特徴として、カランメソッドのメリットを取り入れつつカランメソッドの弱点を補った独自のDMEメソッドを受けられる点です。

カランメソッドは、若干表現が古かったり、いきなり長文で答えることを要求されたり、文法レッスンがないという弱点を抱えていました。

「英語脳を作る」という目的の元では、それでも特段問題はないのですが、より英会話を効率的に学ぶことができるよう設計されているのが「DMEメソッド」。

通常のカランメソッドとどう違うのか、一度体感してみることをおすすめします。

レッスンの柔軟性ならネイティブキャンプ

レッスンの受講しやすさという観点から比較すると優れているのはネイティブキャンプです。

ネイティブキャンプは「いつでもレッスン」という制度を取り入れており、予約なしでレッスンを開始することができます。1レッスン25分という時間設定ですが、それより短くてもOKという、「受けたいときに受けたいだけ受ける」ことが可能なシステムです。

一方イングリッシュベルはレッスンに予約が必要で、予約はレッスン開始15分前まで、予約キャンセルはレッスン開始6時間前までとネイティブキャンプと比較すると柔軟性に欠けるといえます。

予定が頻繁に変わる可能性のある人や、好きな時にレッスンを受けたいという人はネイティブキャンプの方が良いです。

ただし、カランメソッドを受けたい場合には、事前予約が必要なので注意しましょう

  • どちらもカランメソッドを受講できる
  • イングリッシュベルは進化版カランのDMEメソッドが受けられる
  • レッスンの受講しやすさはネイティブキャンプの方が上

イングリッシュベルの無料体験はこちら

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

価格を比較

 イングリッシュベルネイティブキャンプ
月額料金

月5回プラン:3,900円/月
月10回プラン:6,400円/月
月20回プラン:9,800円/月
デイタイム月40回プラン:15,400円/月(朝8時~夜6時まで)
いつでも月40回プラン:17,900円/月

【無料トライアル】
0円 / 7日間(レッスン回数制限なし)

【プレミアムプラン】
5,500円 / 月(レッスン回数制限なし)

【ファミリープラン】
1,980円 / 月(レッスン回数制限なし)

1レッスン当たりの料金月5回プラン:780円/回
月10回プラン:640円/回
月20回プラン:490円/回
デイタイム月40回プラン:385円/回
いつでも月40回プラン:447円/回
【プレミアムプラン】
1日1レッスン 177円
1日2レッスン 89円
1日3レッスン 59円

【ファミリープラン】
1日1レッスン 64円
1日2レッスン 32円
1日3レッスン 21円

無料体験レッスン25分×2回(レベルチェック1回、通常レッスン1回)7日間
入会金無料無料
教材費無料基本的に無料だが、カランやTOEICなど一部のレッスンでは指定教材の購入が必要
支払い方法PayPal、銀行振込クレジットカード
家族シェアの有無家族共有プランあり無し(但し家族割引制度あり)

カランメソッド以外のレッスンを受けるならネイティブキャンプがお得

ネイティブキャンプはレッスン受け放題で月額5,500円という価格設定となっています。

一方イングリッシュベルは月何回レッスンを受けるかということにより値段が異なります。

圧倒的にネイティブキャンプの方が価格としては安いことがわかりますね。カランメソッド以外の通常レッスンも受けたいという人はネイティブキャンプの方がお得です。

月20回カランメソッド”だけ”受けるなら実はあまり変わらない

カランメソッドに興味があって、この2つのスクールを比較検討している人も多いと思います。

その時に考えたいのが、月20回カランメソッドを受けた場合の受講料です。ネイティブキャンプは月額料金は安いものの、カランメソッドを受ける際に予約の追加料金200円がかかります。

・ネイティブキャンプ:9,500円/月
・イングリッシュベル:9,800円/月

上記のように月20回カランメソッドを受ける場合、実は両スクールで料金に大きな差はないことがわかります。

カランメソッドで英会話を学びたいと考えている人は、よりカランメソッドに力を入れているイングリッシュベルの方が良いです。

もちろんカランメソッド以外のレッスンを利用すればするほどネイティブキャンプの方がお得になってきますけどね。

  • ネイティブキャンプは月額定額でレッスン受け放題
  • 一見ネイティブキャンプがお得に見えるが、カランメソッドを月20回受ける場合、値段的にはほとんど変わらない

イングリッシュベルの無料体験はこちら

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

サポート体制を比較

 イングリッシュベルネイティブキャンプ
学習カウンセリング疑問点をメールで問い合わせれば日本人カウンセラーが対応してくれる日本人スタッフによるカウンセリングと生徒同士の交流の場あり
ITサポートメールと電話による問い合わせメールによる問い合わせ

ネイティブキャンプは生徒同士の質問コミュニティを用意

ネイティブキャンプは「ネイティブキャンプ広場」という生徒が質問を投稿し、生徒がそれに対して答えるという掲示板が用意されています。

レッスンに関すること、英語学習に関することを自由に投稿でき、他の生徒と交流することで孤独を感じることがなく、モチベーション維持につながりますね。

イングリッシュベルでは緊急時の電話対応が可能

イングリッシュベルでは、通信サポートが充実しています。スカイプがレッスン中に急に止まってしまったということがあった場合には、スカイプを使ってリアルタイムにトラブルに対処してくれます。

ネイティブキャンプは、問い合わせはメールのみとなっているので、すぐに解決したいトラブルが起きた時に安心できるのはイングリッシュベルです。ただ英語対応となることに注意が必要です。

  • ネイティブキャンプは生徒同士の交流の場が用意されている
  • イングリッシュベルは緊急時のSkype対応が可能

イングリッシュベルの無料体験はこちら

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

イングリッシュベルとネイティブキャンプ比較まとめ

ここまで、イングリッシュベルとネイティブキャンプを各項目ごとに比較してきました。

それを踏まえるとイングリッシュベル、ネイティブキャンプを選ぶべき人は以下のように整理できますね。

イングリッシュベルを選ぶべき人

  • 現代版のカラン「DMEメソッド」を学びたい人
  • 質が高く熱意のある講師から学びたい人
  • 安定した通信環境でレッスンを受けたい人
  • 家族でレッスンを受けたい人
  • ISO 9001を取得した安心できるオンライン英会話を探している人
イングリッシュベルの評価レビューを見る イングリッシュベルの無料体験はこちら

ネイティブキャンプを選ぶべき人

  • 1日2回以上レッスンを受けられる人
  • ネイティブのレッスンはワンポイントでたまに受ける程度でいい人
  • カランメソッドに興味がある人
  • カランメソッド以外にもレッスンを受けたい人
  • 安いオンライン英会話を探している人
  • 生徒同士での交流掲示板に魅力を感じる人
ネイティブキャンプの評価レビューを見る ネイティブキャンプの無料体験はこちら

どちらにするかそれでも迷ってしまう人は

イングリッシュベルとネイティブキャンプについて徹底比較してきましたが、それでも迷ってしまう人は「どちらも無料体験を受けてみる」のも一つの手です。

無料体験は簡単とはいえ登録が必要であったり、初めてレッスンを受けるのは億劫だったりしますが、体験に勝る判断材料はありません

比較や口コミばかり追い求めていても自分に合うかは体験してみて初めてわかることも多いです。

リサーチをし続けるよりは時間も節約できますので、検討してみてくださいね。

イングリッシュベルの無料体験はこちら

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

失敗しない!オンライン英会話スクールの選び方

オンライン英会話は続かない

オンライン英会話についての統計によれば3ヶ月続かない人の割合は、何と8割以上!!オンライン英会話最大の欠点は「続けるのが難しい」ということなんです。

 

 

月額5,000円くらいで毎日話せるなんて安い!そう思って始めてもだんだんモチベーションが下がっていき、レッスンを受けるのが面倒臭い。そんな負のスパイラルに陥る人が多数。

 

英会話は継続が命

 

じゃあどうすればいいのか?使えるお金に応じて解決策を3つ紹介します!

 

どの種類の英会話教室を選ぶべきか

 

お金をかけても良い人

お金をかけても良いという人は手厚いサポートが受けられる「コーチング英会話」。

コーチング英会話はで専属コーチがつき、あなたの代わりに勉強計画を立ててくれます。それだけでなく毎日の進捗管理も行ってくれるので「誰かに監視されている」効果があり、オンライン英会話のように続かないということがありません。

コーチング英会話の徹底比較はこちら

 

お金をかけたくない人

お金を極力かけたくない人、かけられない人は自分に合った「オンライン英会話」。

オンライン英会話に挫折してしまう大きな理由が目標と学習内容が一致しておらず「これ意味あるの?」と不安になること。あなたに合ったオンライン英会話を選ぶことで挫折する可能性をかなり低く抑えることができます。

オンライン英会話の選び方はこちら

 

お金をある程度はかけても良い人

お金をある程度はかけても良いけどコーチング英会話ほどはかけられないという人は「vipabc」。

vipabcでは専任のコーディネーターが付き、学習プランや学習方法の相談から、モチベーション維持の方法までフォローしてくれます。さすがに毎日の学習状況の進捗管理まではやってくれませんが、学習に迷うことはなくなります。

vipabcの詳細レビューはこちら

最強オンライン英会話ランキング!