1. ホーム
  2. 英語の独学
  3. ≫【レビュー・書評】どんどん話すための瞬間英作文トレーニング:文法を使いこなすための一冊

【レビュー・書評】どんどん話すための瞬間英作文トレーニング:文法を使いこなすための一冊

  • 著者:森沢洋介
  • 出版社:ベレ出版
  • ページ数:205ページ
  • ジャンル:瞬間英作文
  • 対象レベル:初心者

>>Amazonで購入する

このページでは「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のレビュー・実際に利用した書評・こんな人におすすめの書籍だよ、ということについて解説していきます。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングのおおまかな利用法

この書籍は単文を即座に作る、話す頭にする事を目的としています。CDが2枚付いており、1ページごと1文型で10文あり、700以上の文を学びます。

日本語を見た瞬間に英訳して口から出す

見開きの左ページが日本語、右ページにその英文。日本語を最初に読み、数秒で英文に変える作業をします。分からなければ英文の答えをを見る。ここで大切な事は、実際に口に出して読む事です。

それによって、口に英文を定着させるのが目的です。

中学レベルの単語と文法を使いこなせ!

大きく3つのレベルに分かれています。

中学1年生から3年生までの本当に簡単な誰もが習った事のある単語と文法です。英文の長さも大変短く、5単語から多くても15単語の英文です。

簡単な単語と文法ですが、このレベルを完璧にマスターすることで英語がサラサラと口をついて出てくるようになります。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングの特徴

分かると出来るは違う!

特徴は『分かっている』を『できる』にしてくれるところです。

簡単な英会話ならできると自負していても、a やtheが抜ける事、または複数のsが付けるのか?付けないのか?など。日本の英語教育で何年も勉強していても、いざ話すとなると口がどもる。こういった問題を解決してくれます。

この日本語で考えてから英語で話すまでの時間をスピーディーに出来るのも特徴です。もう一つの特徴は短い文章をひたすらやることで、長文が話せるようになる。スラングや応用の利いた英文は一切出て来ません。ここに出て来る文型をすべてマスター出来た際には応用は簡単です。そして、基礎の基礎が大切だという事を教えてくれるのもこの本です。

基本中の基本ができた!

私は、この本が初出版された時に購入しました。そして、留学が決まっていたので、とにかく話せるのが目的。購入する前に書店で立ち読みした際は、正直バカにしていました。

なぜか?簡単な英文ばかりだったからです。例えば、最初は中1レベルで

”これは良い本です”

を英語に直して下さいというものです。しかし次の文、次の文とトライして行くうちに、時間がかかるようになりました。正直、ショックもありましたが、このままでは良くないと感じ、購入にいたりました。

瞬間英作文の本質

購入し、使ってみてようやくこの本の本質が分かりました。私は日本語で英語に変える事は簡単だったと思ったものが、話せません。そして、答えをみると微妙に間違っています。何度も何度も繰り返し使いました。

そして、気づいたのは『分かっていたはずなのに。』でした。私はこの本はぼろぼろになるまで使いました。CDも2枚ついているので、すぐにiPodに落とし込み、発音のチェックを含め、野球の100本ノックなみに練習しました。

ほぼ暗記するところまでやりこむと、何も考えなくてもパッと話す事ができるようになってきます。その上、文法や細かいなぜ?は解説してくれてます。そのあたりもこの本の好きなところでした。

実際に外国人と話して見てわかったのですが、正直何かを議論する時以外、長文の英語を必要としません。そして、病院や公共機関に行ったとしても、基礎ができているので、後は単語を変えるだけです。

とにかく話せるようになることに主眼

それだけ、自分の英語が上達した実感があります。

この本は発音を強化するものでも、文法を詳しく学ぶものでもありませんが、とにかく話せるようになります。基本中の基本を徹底的にやるからです。英語が話せるようになりたい人にはお勧めです。私はアメリカの大学に入学出来たときも、このパート2を購入し、とことんやりました。

コツコツタイプにおススメです!

この本は、正直、1ヶ月で英語がぺらぺら!という本ではありません。。英語の勉強自体がそもそもそうであるように持久力が必要です。

ただ、私が断言できるのは、これを毎日毎日コツコツ出来る方は、確実に英語力はのびます。

実践練習にはオンライン英会話

使い方としては、独学でひたすら練習をしていくのですが、どうしても「暗記作業」から抜け出せずに、ただ文章を覚えているだけになってしまう欠点があります。

そこで、おすすめなのは「オンライン英会話と並行して使う」ということです。この本を使って英語脳の回路を作りつつ、オンライン英会話で学んだことを実践してみるというスパイラルが効果的です。

話すためにはインプットとアウトプットの両方が必要です。インプットは瞬間英作文でバッチリですが、それだけでは話せるようにはなりません。しっかりとアウトプットの機会を作ることを意識しましょう。

初心者向けのオンライン英会話比較ランキング

この本を手に取ろうとしている人へ

英語教材ジプシーになっていませんか?

この本は非常に質が高く、やり抜けば英語ができる可能性があります。

しかし、あなたが今まで色々な書籍や教材を試してみて、英語が中々できるようにならず「この教材なら英語が身につくかなぁ」とこの本を手に取ろうとしているのであれば、ちょっと待ってください。

もしかしたら、あなたは英語教材ジプシーになっているかもしれません。英語教材ジプシーとは、英語の勉強が目的になっており、いろいろな英語勉強法や英語教材に目移りしてしまい、肝心の英語が身につかない人です。

英語ジプシーの人は、このまま何年勉強しても英語ができるようにはなりません。「英語の正しい勉強の仕方を知らない」または「英語学習方法に迷ってしまっている」状態になっているからです。

この状態を抜け出すためにはコーチング英会話スクールに行き「英語学習の専属コーチ」に頼ることが一番効果的です。

短期的には高額となりますが、このままダラダラと数年間身につかない英語を勉強するより、2ヶ月〜1年間でスパッと英語を身につけて、「本当にやりたいことをやる」という次のステージに早めに行くことを考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめコーチング英会話スクール比較

失敗しない!オンライン英会話スクールの選び方

オンライン英会話は続かない

オンライン英会話についての統計によれば3ヶ月続かない人の割合は、何と8割以上!!オンライン英会話最大の欠点は「続けるのが難しい」ということなんです。

 

 

月額5,000円くらいで毎日話せるなんて安い!そう思って始めてもだんだんモチベーションが下がっていき、レッスンを受けるのが面倒臭い。そんな負のスパイラルに陥る人が多数。

 

英会話は継続が命

 

じゃあどうすればいいのか?使えるお金に応じて解決策を3つ紹介します!

 

どの種類の英会話教室を選ぶべきか

 

お金をかけても良い人

お金をかけても良いという人は手厚いサポートが受けられる「コーチング英会話」。

コーチング英会話はで専属コーチがつき、あなたの代わりに勉強計画を立ててくれます。それだけでなく毎日の進捗管理も行ってくれるので「誰かに監視されている」効果があり、オンライン英会話のように続かないということがありません。

コーチング英会話の徹底比較はこちら

 

お金をかけたくない人

お金を極力かけたくない人、かけられない人は自分に合った「オンライン英会話」。

オンライン英会話に挫折してしまう大きな理由が目標と学習内容が一致しておらず「これ意味あるの?」と不安になること。あなたに合ったオンライン英会話を選ぶことで挫折する可能性をかなり低く抑えることができます。

オンライン英会話の選び方はこちら

 

お金をある程度はかけても良い人

お金をある程度はかけても良いけどコーチング英会話ほどはかけられないという人は「vipabc」。

vipabcでは専任のコーディネーターが付き、学習プランや学習方法の相談から、モチベーション維持の方法までフォローしてくれます。さすがに毎日の学習状況の進捗管理まではやってくれませんが、学習に迷うことはなくなります。

vipabcの詳細レビューはこちら

最強オンライン英会話ランキング!