1. ホーム
  2. 英語勉強法・教材
  3. ≫【レビュー・書評】Practical Everyday English:日常会話で頻出のイディオムを身につけられる中上級者向け良書

【レビュー・書評】Practical Everyday English:日常会話で頻出のイディオムを身につけられる中上級者向け良書

  • 著者:Steven Collins
  • 出版社:Montserrat Publishing
  • ページ数:212ページ
  • ジャンル:日常会話
  • 対象レベル:中上級者

>>Amazonで購入する

このページでは「Practical Everyday English」のレビュー・実際に利用した書評・こんな人におすすめの書籍だよ、ということについて解説していきます。

Practical Everyday Englishの特徴

句動詞と慣用句を徹底的に学習し、表現力を高める

Practical Everyday Englishでは、句動詞や慣用句を徹底的に学習することができます。例えば最初の章では、”Quite a few”や”Well off”といった慣用表現が出てきます。

実際にイギリス圏で生活していくと必ず耳にする表現ばかりなので、本場イギリスで生活したい人や、イギリス人と話す機会がある人は知っておいて損はありません。

前の章で学習した表現が繰り返し出てくる

また、この本の特徴として、前の章で学習した表現が繰り返し出てきます。なので、自然と反復学習ができ、表現が自然と身につきます。

英語を身につけるには、頭の良さは関係なく、「何度その表現に出会ったか」が大切になってきますので、この本で反復学習が意識された構成となっているのは評価できます。

CDに吹き込まれているスピードがマジで早い

普通、学習用のCDって聞きやすい発音・聞き取りやすいスピードで話されていることが多いですよね。でも、Practical Everyday Englishの音源は、マジで早いスピードで話されています。というか声優ではなく素人が吹き込んでます。

ネイティブの話している生の英語のリスニング力を高めたいと考えている人にはぴったりな一方、TOEICなどの勉強が中心で、早い英語に慣れていない人はびっくりするかもしれません。

また、クリアな音ではなく、「あー家で吹き込んだんだろうな」というくらいちょっとノイズ混じりの音源となっています。笑

ユーモアのある文章で飽きない

本書はAmazon.ukでの評価が鬼のように高いのですが、その理由の一つがユーモアのある文章や図が乗っていて飽きないようになっていることです。

特に歴史の授業で、「ウィリアム3世の次の王は?」と聞かれて「ウィリアム2世」と答える生徒。そしてそれをボロクソに罵倒する教師。このやり取りには思わず声を出して笑ってしまうほど。

全体的に無理に楽しい場面だけを集めたポジティプな教材ではなく、もっと生々しく共感できる話が多いですね。

Practical Everyday Englishはこんな人が使うと効果的

ネイティブらしい表現を身につけたい人

句動詞やイディオムを使いこなせるようになるだけで、ネイティブライクな英語を話すことができます。

ネイティブ同士の会話をリスニング出来るようになりたい、さらっとネイティブ表現を使いたい、そんな人におすすめの教材です。

早い会話を聞き取れるリスニング力を身につけたい人

音源がとにかく早く、リエゾンたっぷり、強弱たっぷりなので、早い会話を聞き取れるリスニング力を身につけたい人は使うと効果的でしょう。

もしこのレベルの英語をシャドーイングできるように慣れば、英語のリスニングでついていけないものはなくなるんじゃないでしょうか。

オンライン英会話で教えてもらいながら使うのがより効率的

使い方としては、独学で音読やシャドーイングをしていきながら表現を自分のものにしていくのが良いかと思いますが、この本の一番の欠点が「難しいところ」です。

表現の日本語訳が載っているわけではないですし、イディオムごとの解説も充実しているとは言えず、独学だと意味がわからず挫折する可能性もあります。

そのため、一番おすすめなのは「オンライン英会話の教材として使う」ということです。オンライン英会話であれば、自分の好きな教材を指定できますので、「Practical Everyday English」を使いたいといえば、この教材でレッスンが受けられます。

テキスト内で出てきた表現を使った英文を作り、オンライン英会話の講師に添削してもらうことで、より定着が図れますよ。

徹底比較!オンライン英会話・スカイプ英会話人気ランキング

この本を手に取ろうとしている人へ

英語教材ジプシーになっていませんか?

この本は非常に質が高く、やり抜けば英語ができる可能性があります。

しかし、あなたが今まで色々な書籍や教材を試してみて、英語が中々できるようにならず「この教材なら英語が身につくかなぁ」とこの本を手に取ろうとしているのであれば、ちょっと待ってください。

もしかしたら、あなたは英語教材ジプシーになっているかもしれません。英語教材ジプシーとは、英語の勉強が目的になっており、いろいろな英語勉強法や英語教材に目移りしてしまい、肝心の英語が身につかない人です。

英語ジプシーの人は、このまま何年勉強しても英語ができるようにはなりません。「英語の正しい勉強の仕方を知らない」または「英語学習方法に迷ってしまっている」状態になっているからです。

この状態を抜け出すためにはコーチング英会話スクールに行き「英語学習の専属コーチ」に頼ることが一番効果的です。

短期的には高額となりますが、このままダラダラと数年間身につかない英語を勉強するより、2ヶ月〜1年間でスパッと英語を身につけて、「本当にやりたいことをやる」という次のステージに早めに行くことを考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめコーチング英会話スクール比較

失敗しない!オンライン英会話スクールの選び方

オンライン英会話は続かない

オンライン英会話についての統計によれば3ヶ月続かない人の割合は、何と8割以上!!オンライン英会話最大の欠点は「続けるのが難しい」ということなんです。

 

 

月額5,000円くらいで毎日話せるなんて安い!そう思って始めてもだんだんモチベーションが下がっていき、レッスンを受けるのが面倒臭い。そんな負のスパイラルに陥る人が多数。

 

英会話は継続が命

 

じゃあどうすればいいのか?使えるお金に応じて解決策を3つ紹介します!

 

どの種類の英会話教室を選ぶべきか

 

お金をかけても良い人

お金をかけても良いという人は手厚いサポートが受けられる「コーチング英会話」。

コーチング英会話はで専属コーチがつき、あなたの代わりに勉強計画を立ててくれます。それだけでなく毎日の進捗管理も行ってくれるので「誰かに監視されている」効果があり、オンライン英会話のように続かないということがありません。

コーチング英会話の徹底比較はこちら

 

お金をかけたくない人

お金を極力かけたくない人、かけられない人は自分に合った「オンライン英会話」。

オンライン英会話に挫折してしまう大きな理由が目標と学習内容が一致しておらず「これ意味あるの?」と不安になること。あなたに合ったオンライン英会話を選ぶことで挫折する可能性をかなり低く抑えることができます。

オンライン英会話の選び方はこちら

 

お金をある程度はかけても良い人

お金をある程度はかけても良いけどコーチング英会話ほどはかけられないという人は「vipabc」。

vipabcでは専任のコーディネーターが付き、学習プランや学習方法の相談から、モチベーション維持の方法までフォローしてくれます。さすがに毎日の学習状況の進捗管理まではやってくれませんが、学習に迷うことはなくなります。

vipabcの詳細レビューはこちら

最強オンライン英会話ランキング!