1. ホーム
  2. カランメソッド・DMEメソッド
  3. ≫カランメソッドに対する批判「古くて使えない英文」は的外れだが一理ある

カランメソッドに対する批判「古くて使えない英文」は的外れだが一理ある

カランメソッドに興味を持った後、カランメソッドについてネットで検索をして情報を集めている人も多いと思います。

どんな効果があるのかなぁというポジティブな意見だけでなく、欠点などのネガティブな点についても気になりますよね。

カランメソッドについて調べていくと、出てくる批判の中で多いのが、

出てくる例文や単語が古い

というもの。

カランメソッドは1960年代に開発された英語習得メソッドであるため、現代では使わないような単語や表現が出てくるよ、と色々なところで書かれていますね。

この記事では、そういったカランメソッドが「古くて使えない」という批判について考えていきたいと思います。

カランメソッドのテキストが古いのは昔の話

カランのテキストは1960年代に開発され改定されてこなかった

そもそも何でカランメソッドは「古いよー現代では使えないよー」という批判を受けるようになったのでしょうか?

実はカランメソッドは1960年代にイギリスで開発されて以降、何十年もテキストが改定されてこなかった、という歴史があるのです。

何十年も経てば日常生活で使う表現や単語が変わっていくのは当たり前ですよね。それにも関わらず改定されなかったため、上述した批判や口コミがネット上で広がっていたんですね。

2012年に大幅改定→古い表現は排除

しかし、カランメソッドが古いというのは過去の話。

2012年にテキストの大幅改定が行われ、現代の英会話に照らして古い表現や使われなくなった表現をバッサバッサと変えていきました。

例えば、以前のカランメソッドでは「Have you two pen?」という表現が出てきましたが、現代では使われることがないため「Do you have two pen?」という表現に変わっています。

“iPhone”や”iPad”、”Wifi”といった単語も出てくるようになって、より馴染みやすい英文で勉強できるようになりました。

そもそもカランメソッドの目的を考えれば批判は的外れ

カランメソッドのテキストは2012年に改定されているので、もはや「古い」という批判は正確ではないのですが、そもそもカランメソッドの目的から考えれば、このような批判自体が的外れなものだと思うんです。

カランメソッドは英語脳を作るトレーニング

カランメソッドの目的は、一言で言えば

英語で繰り出される高速の質問に対して、日本語を介在させずに反射的に答える練習を繰り返すことで「英語脳」を作り出す

というものです。

根底にあるのは、英語脳を作ることができれば英会話ができるという考え方であり、その英語脳を作るために徹底した反復練習を高速で行うというレッスン内容になっているんです。

本来は単語や表現はあまり関係ない

カランメソッドは、「日常生活で出てくる単語や表現を暗記して使いこなせるようになりましょう」というものではありません。

頻出する単語を抑えた上で、英語のリズムや英文の作り方を体に叩き込ませることで、自然と自分の言いたい英文を日本語を通さずに作り出すことができるようにする勉強法です。

「瞬間英作文」が勉強法として流行しましたが、考え方はカランメソッドに近くて「こんな英文使わないよ!」という英文もテキストに取り入れられています。

何でそんな英文も入っているかというと、単語や表現が大切なんじゃなくて、その英文の構成を学習することが大切だったりするわけです。

なので、カランメソッドの本来の目的から言えば、どんな単語や表現が出てくるか?そしてそれが英会話で即座に使える便利表現になっているかはあまり重要ではないんです。

実践的な口語表現を学びたい人にはDMEメソッドがおすすめ

カランメソッドはその目的から言えば、単語や表現が古いかどうかは関係ないのですが、せっかく勉強するんだからすぐに使える単語や表現も一緒に学びたい。

こう考える人がいるのもわかります。確かにそれも一理ありますよね。

カランメソッドのテキストは大幅改定されてかなり勉強しやすくなりましたが、それでもまだ、戦争の話が出てきたり、実用的ではない例文が多く含まれていたり、人によってはモチベーションが下がるような文章も少なからずあります。

カランメソッドの英語脳を作り出す練習を実践的な口語表現で行いたい!

そんな人にオススメなのが、カランメソッドを進化させた英語学習方法である「DMEメソッド」です。

DMEメソッドであれば、3年〜4年に一度新しいバージョンにアップデートを行なっているので、常に最新の内容で英会話を学ぶことができます。

またレストランや空港、お店などを想定した英文を使ったレッスンも豊富に用意されており、まさに「今すぐ使える英文」でカランメソッドの目的である「英語脳を作る」ことができます。

この記事のまとめ

この記事のまとめ

  • カランメソッドに対する批判の一つ
    ・出てくる英文が古くて使えない
  • カランメソッドが古いのは昔の話
    ・1960年に開発されてから何十年も改定されてこなかった
    ・しかし2012年にテキストを大幅改定
    ・古い表現や現代にそぐわないものは削除された
  • そもそもカランメソッドの英文が古いという批判は的外れ
    ・カランメソッドの目的は「英語脳」を作り出すこと
    ・そこに英文の古い新しいはあまり関係ない
  • 実用的な英文でカランを受けたいなら「DMEメソッド」
    ・3年〜4年に一度テキストのバージョンアップがされる
    ・カランよりも実用的な場面を想定した英文

この記事では、カランメソッドによくある批判の一つ「英文が古い」について考えてきました。

2012年にテキストがアップデートされていること、そもそもカランメソッドの目的に照らせば、もはやこの批判は的外れであることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

とは言え、せっかく勉強するならすぐに使える実用的なものの方が良いという気持ちも非常によくわかります

そんな人はぜひDMEメソッドを試してみてください。イングリッシュベルでは、カランメソッドとDMEメソッドの両方を提供していますが、90%以上の生徒がDMEメソッドを受講しているそうです。

失敗しない!オンライン英会話スクールの選び方

オンライン英会話は続かない

オンライン英会話についての統計によれば3ヶ月続かない人の割合は、何と8割以上!!オンライン英会話最大の欠点は「続けるのが難しい」ということなんです。

 

 

月額5,000円くらいで毎日話せるなんて安い!そう思って始めてもだんだんモチベーションが下がっていき、レッスンを受けるのが面倒臭い。そんな負のスパイラルに陥る人が多数。

 

英会話は継続が命

 

じゃあどうすればいいのか?使えるお金に応じて解決策を3つ紹介します!

 

どの種類の英会話教室を選ぶべきか

 

お金をかけても良い人

お金をかけても良いという人は手厚いサポートが受けられる「コーチング英会話」。

コーチング英会話はで専属コーチがつき、あなたの代わりに勉強計画を立ててくれます。それだけでなく毎日の進捗管理も行ってくれるので「誰かに監視されている」効果があり、オンライン英会話のように続かないということがありません。

コーチング英会話の徹底比較はこちら

 

お金をかけたくない人

お金を極力かけたくない人、かけられない人は自分に合った「オンライン英会話」。

オンライン英会話に挫折してしまう大きな理由が目標と学習内容が一致しておらず「これ意味あるの?」と不安になること。あなたに合ったオンライン英会話を選ぶことで挫折する可能性をかなり低く抑えることができます。

オンライン英会話の選び方はこちら

 

お金をある程度はかけても良い人

お金をある程度はかけても良いけどコーチング英会話ほどはかけられないという人は「vipabc」。

vipabcでは専任のコーディネーターが付き、学習プランや学習方法の相談から、モチベーション維持の方法までフォローしてくれます。さすがに毎日の学習状況の進捗管理まではやってくれませんが、学習に迷うことはなくなります。

vipabcの詳細レビューはこちら

最強オンライン英会話ランキング!