1. ホーム
  2. カランメソッド・DMEメソッド
  3. ≫カランメソッドのステージ|各レベルと学習内容、学習時間、TOEICとの関係

カランメソッドのステージ|各レベルと学習内容、学習時間、TOEICとの関係

カランメソッドは4倍早く学べるという学習方法ですが、そのキャッチコピーが先行してしまい、内容やレベルがいまいちよくわからないよーという人も多いと思います。

特に、

  • カランメソッドのステージごとのレベルが知りたい!
  • 各ステージでどんなことを学習するのか知りたい!
  • どのくらいの学習時間が必要なのか知りたい!

という人が多いんじゃないでしょうか。

そういう方のために、この記事ではカランメソッドのステージ別のレベルと学習内容、学習時間について説明していきます。

カランメソッドのステージ別まとめ

最初に結論の表を出しますが、こんな感じになっています。

ステージは1から12まで分かれており、それぞれのレベルで学習する単語数及び学習時間、TOEICの目安は以下の通りです。

ステージ単語数累積単語数学習時間累積学習時間TOEIC
12532531010 
22424951020 
32557501030 
42099591040300点-350点
526312221555 
625814801570350点-500点
732518051585 
8369217415100 
9526270015115 
10616331615130 
111743505915145 
12562562115160800点以上

引用プレミア英会話

カランメソッド各ステージ別の学習時間

カランメソッドの各ステージ別の学習時間は以下のようになっています。

・ステージ1〜4:各10時間
・ステージ5〜12:各15時間

1レッスンを25分とすると、ステージ1〜4までで1段階レベルアップするまでに必要なレッスン数は24回、ステージ5〜12までで1段階レベルアップするまでに必要なレッスン数は36回となります。

全12ステージを終了するまでには160時間かかりますので、カランメソッドで一通り勉強するために必要なレッスン回数は384回です。

一日一回のレッスンを受けていくとちょうど1年くらいで終了するボリューム感ですね。

とはいえ、各ステージの学習時間はあくまでも目安ですので、これ以上かかっても全く心配する必要はありません。

ステージ12はTOEICに換算すると800点レベルと言われています。全くのゼロから1年間でこのレベルに到達できるのは素直にスゴイです。

カランメソッド各ステージ別のレベル及び学習内容

続いて、カランメソッドの各ステージでどんな内容のことを学習していくかを説明していきますね。

全体像を把握しておくことは何事も大切。ということで早速行ってみましょう!

ステージ1・ステージ2

ステージ1とステージ2は初心者や英語に触れてこなかった人でもできるような簡単な文法と単語を使った学習が中心となります。

be動詞や頻出の一般動詞、代名詞、前置詞などの基礎文法が紹介されます。

なので、英語を勉強していきた人には物足りないかもしれません。でも、この時期にカランメソッドのやり方やルールに慣れておきましょう。

ステージ3・ステージ4:TOEIC300点〜350点

比較級や未来形、仮定法など「中学1、2年レベル」の文法を学習していきます。

中学文法をしっかり学習すれば英語は十分と主張している人もいるくらいなので、ここでしっかりと基礎固めをしていきましょう。

ステージ5・ステージ6:TOEIC350点〜500点

中学3年生で学習する受動態などを勉強していくステージです。

この辺から中だるみが始まる時期でもありますので、日常会話で実際に一番使う文法を学習していきますので集中していきましょう。

ステージ7・ステージ8

新しい文法事項は学習せず、日常会話で必要となるイディオムや今まで習ってきた文法を掘り下げて学んでいきます。

ステージ9・ステージ10

このあたりから上級ステージと考えてよいでしょう。細かい文法の使い方だけでなく、新しい単語をどんどん学習していきます。

また、ネイティブが頻繁に使用するイディオム表現もバンバン学習していきますので、より自然な表現の英語に磨いていくイメージを持っておくとよいでしょう。

ステージ11・ステージ12:TOEIC800点

ここまでくると、カランメソッドを始めた頃と比較して、英語力のアップを実感していない人は少ないのでは無いでしょうか。

最後の仕上げとして、どんどん単語や表現を学んでいき、何でも言いたいことを表現できるようにするステージです。

日常会話やビジネス英会話が自信を持ってこなせ、とりあえず英会話で困ることがないレベルになっているでしょう。

カランメソッドは頑張れば効果が実感できる勉強法

この記事をまとめておきます。

この記事のまとめ

  • カランメソッド各ステージ別の学習時間
    ・ステージ1〜4:10時間(各24レッスン)
    ・ステージ5〜12:15時間(各36レッスン)
    ・全ステージ終了:160時間(計384レッスン)
    ・上記はあくまでも目安なので気にし過ぎなくてOK
  • カランメソッドの各ステージ別学習内容
    ・ステージ1、2:初心者向けの基礎文法
    ・ステージ2、3:中学2年生までの内容
    ・ステージ4、5:中学3年生の文法
    ・ステージ6、7:日常会話での表現及び細かい文法
    ・ステージ8、9:新しい単語、ネイティブ表現
    ・ステージ10、11:新しい単語、ネイティブ表現
  • TOEICとの関係
    ・ステージ4、5:TOEIC300点-350点
    ・ステージ6、7:TOEIC350点-500点
    ・ステージ10、11:TOEIC800点

この記事では、カランメソッドの学習内容及び学習時間について説明してきました。

カランメソッドは、

1年間という短期間でゼロから英語で困らないレベルに引き上げるコスパの高い勉強方法

と言えます。ただその道のりは決して楽なものではありません。そもそもカランメソッドは楽しい学習方法ではありませんし…

どんなに英語を勉強してきた人でも最初はステージ1からのスタートなので、最初は「こんなん意味あんのかなぁ?」とか「知ってるよ!」とか思うことがあるかもしれません。

でも1年間信じて継続してみれば、英語を使って友人と話している自分や英語でバリバリ仕事をしている自分にきっと近づくことができるはず

合う合わないがはっきりする勉強法でもあるので、カランメソッドに興味がある人はまずは体験レッスンを受けてみるといいでしょう。

失敗しない!オンライン英会話スクールの選び方

オンライン英会話は続かない

オンライン英会話についての統計によれば3ヶ月続かない人の割合は、何と8割以上!!オンライン英会話最大の欠点は「続けるのが難しい」ということなんです。

 

 

月額5,000円くらいで毎日話せるなんて安い!そう思って始めてもだんだんモチベーションが下がっていき、レッスンを受けるのが面倒臭い。そんな負のスパイラルに陥る人が多数。

 

英会話は継続が命

 

じゃあどうすればいいのか?使えるお金に応じて解決策を3つ紹介します!

 

どの種類の英会話教室を選ぶべきか

 

お金をかけても良い人

お金をかけても良いという人は手厚いサポートが受けられる「コーチング英会話」。

コーチング英会話はで専属コーチがつき、あなたの代わりに勉強計画を立ててくれます。それだけでなく毎日の進捗管理も行ってくれるので「誰かに監視されている」効果があり、オンライン英会話のように続かないということがありません。

コーチング英会話の徹底比較はこちら

 

お金をかけたくない人

お金を極力かけたくない人、かけられない人は自分に合った「オンライン英会話」。

オンライン英会話に挫折してしまう大きな理由が目標と学習内容が一致しておらず「これ意味あるの?」と不安になること。あなたに合ったオンライン英会話を選ぶことで挫折する可能性をかなり低く抑えることができます。

オンライン英会話の選び方はこちら

 

お金をある程度はかけても良い人

お金をある程度はかけても良いけどコーチング英会話ほどはかけられないという人は「vipabc」。

vipabcでは専任のコーディネーターが付き、学習プランや学習方法の相談から、モチベーション維持の方法までフォローしてくれます。さすがに毎日の学習状況の進捗管理まではやってくれませんが、学習に迷うことはなくなります。

vipabcの詳細レビューはこちら

最強オンライン英会話ランキング!